calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories

archives

寿松苑のお兄様お姉さま

0
    老人ホーム寿松苑に絵手紙を教えに行き始めてもう10年になります。
    きっかけは初めての絵手紙展に観に来て下さった半身不随の三輪さんがとっても可愛かったから。年上の男性に可愛いなんて失礼ですが・・・。
    三輪さんは言葉も不自由なのに素敵な笑顔なんです。何時間もかかって展覧会を楽しんでくれました。
    「三輪さん 今度遊びに行くね。ありがとう」その時の雰囲気で言ってしまったら もういかなきゃあ・・約束を守る私です。
    椿洞の山裾に寿松苑はありました。満面の笑みで迎えてくれた三輪さんの横には何人かのおじいちゃんおばあちゃんがめずらしそうに私を迎えてくれました。施設の中を皆で案内をしてくれました。壁に掛った絵をみつけ「お絵かきクラブがあるの?」と私。「先生はいない。好きな人が集まって描くだけ」とおばあちゃん。「じゃあ 私でよかったら 教えにきますよ」
    みんな大喜び!施設の先生がたも喜んで下さいました。あれから10年 月一回通っています。
    たまらないのが 玄関で私を待っててくれて私を見るなり手をたたいて迎えてくれたり「横山先生! 横山先生!」と握手をしてくれるおばあちゃん。7.8人で絵手紙をかきます。三輪さんは左手でかかなければならないので その時間は描きません。ただにこにこ笑って皆にコーヒーをごちそうしてくれます。帰りは又皆で玄関までお見送り。私の車がみえなくなるまで手をふって見送ってくれてます。かわいくって 嬉しくって 毎月行かずにいられません。今日も皆上手に描けました。


    いつえさん


    三輪さん

    | 1/1PAGES |